ブックPRネット

ブックPRネット

プレスリリース
トップ » プレスリリース » SUパートナーズ株式会社

国内不動産投資の価値の活性化 真逆の2人が“最高のパートナー” 起業から今年で4年 2020年までに年商36億円・社員数40名目指す
2019年6月20日 SUパートナーズ株式会社
Yahoo!ブックマーク  Flog iza Googleブックマーク Buzzurl newsing del.icio.us  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

収益不動産販売を手掛けるSUパートナーズ株式会社(所在地:渋谷区恵比寿、代表取締役:鈴木 雄大・林 佑亮)では、鈴木 雄大と林 佑亮、2名の代表取締役による共同経営でグローバルな事業を展開しています。

当社社名のSUパートナーズは、鈴木の苗字「S」と林佑亮の名前の頭文字「U」にパートナーズを組み合わせたもの。一般に「共同経営は成功しにくい」と言われますが、共に「共同経営のデメリットなし」と口を揃えるほど互いを最高のパートナーと認め、足りない素養や知識を補って協力し、一人では成し得ない経営を実現しています。

今年で創業4年目を迎える当社は、起業当時3名だったところ、日本人15名、中国人3名の正社員を雇用する会社の規模に、売上総利益も前年比110%と右肩上がりに成長しています。


■バックグラウンドが異なる2人 1年を費やしビジョンを明確

鈴木と林は、別々の不動産会社で働いていた2人、共に25歳の時に共通の友人を通して出会いました。最初は気軽な飲み仲間でしたが回を重ねるごとに交流を深め、出会いから3年後の28歳の時、林が鈴木に「一緒に起業しないか」と誘いをかけました。

2人のバックグラウンドは異なるものの、「事業で国内不動産の価値を見いだす」想いは共通。しかし、当初の鈴木は「今の自分では、立ち上げても失敗するのではないか」と1年間悩み、その間も林と何度も会う中で、起業や社会に対する思いを共有。やがて「事業を大きくしていきたい。事業が成長してきたら、次のステップに向かっていく」と共に目指すビジョンが明確になったことで、遂に共同経営による起業を決心しました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MDY1NyMyMjMyMDAjNjA2NTdfbWt6cEtSSUxlaS5qcGc.jpg ]

鈴木と林は共に代表取締役に名を連ねていますが、営業部門は林、管理部門は鈴木が担当と役割の分担が出来ています。また林はセンスでやっていくタイプ、一方の鈴木は慎重にことを進めるタイプという上手く双方の性格をいかし、フォローし合いながら事業を行っています。


■ 「よりよく暮らすために住み替える」日本の不動産投資に新たな視点を

鈴木は幼少期の海外生活、林はモーゲージプランナーを通じて、国内外での不動産投資に対する価値観の相違を感じています。

日本では年金対策や節税で不動産投資を行う人が多い傾向ですが、海外ではライフステージにあわせて気軽に住み替えたり、物件を売買する考え方が一般的。築年数が経っていてリフォームなしでも中古物件は売れており、この「よりよく暮らすために住み替える」スタイルを日本にも浸透させ、中古物件市場の活性化にも取り組んでいくことが、2人のこれからの目標です。


今後当社では、2020年までに年商36億円、社員数40名を見据えて会社の規模をさらに拡大。「ブランド向上」「収益基盤の強化」「新市場開拓の推進」の3本柱で現在のビジネスをより一層磨き上げ、また規模拡大にあたり人材の確保・育成の強化にも力を入れてさらなる成長を目指します。


【SUパートナーズ株式会社】

◆代表取締役 鈴木 雄大(すずき ゆうた)

1985年、東京出身。父親の仕事の関係で0歳から4歳までスウェーデンへ。4歳からはフランスで過ごし、幼少期より異国文化に慣れ親しむ。11歳で日本に帰国後、ヨーロッパとは異なる日本の文化に触れ、21歳の時に不動産業界に飛び込み9年間経験を積む。不動産業界のイメージを刷新させるべく、お客様第一を目指し、2015年に林佑亮と共にSUパートナーズ株式会社を設立。不動産を有効活用することで、お客様の資産をお守りするとともに、将来を見据えた資産形成をして頂くことでお客様に安心と、より豊かな暮らしを届けることを信念に活動している。


◆CEO 林 佑亮(はやし ゆうすけ)

1984年、滋賀出身。高校卒業後、建築・インテリア専門学校入学、工場勤務を経て

自分の将来や働き方に深く思いが至り、起業を考えるようになる。

21歳の時に不動産会社に入社し営業として活躍。

その後、大手金融機関で融資関連での新事業に誘われ転職。事業の成長に貢献する。

そこで「不動産投資×融資」のニーズがあることに着眼し、ローンコンサルティング会社

を自ら設立。当時日本では少なかった、金融機関と消費者との仲介者として住宅ローンに

関する助言を行うモーゲージプランナーとして活動する。その後、29歳の時に、

海外経験や不動産投資のノウハウをもつ鈴木雄大と共に、SUパートナーズ株式会社を設立。現在に至る。


【会社概要】

社 名           SUパートナーズ株式会社

代 表           鈴木 雄大

        林 佑亮

本 社     東京都渋谷区恵比寿4-22-10ユニゾebisu422 3階

ホームページ    https://su-partners.co.jp/

TEL              03-6721-7940

設 立           2015年10月7日

資本金     10,000,000円

従業員数        18名

売上高     9億7200万円 (2018年)

事業内容        収益不動産の買取・販売・仲介事業

                      不動産コンサルティング事業

                      収益不動産のバリューアップ事業

                      プロパティマネジメント事業

                      ローンコンサルティング事業

                      損害保険代理業

                      海外事業





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

ブックPRネット新着30件