ブックPRネット

ブックPRネット

プレスリリース
トップ » プレスリリース » 非営利型一般社団法人Nancy

小学生が起業や選挙、仕事に挑戦する仮想都市“ぎふマーブルタウン”。クラウドファンディングでサードゴール:パトロン様200名・125万円(250%)を達成!
2019年6月20日 非営利型一般社団法人Nancy
Yahoo!ブックマーク  Flog iza Googleブックマーク Buzzurl newsing del.icio.us  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

自由に失敗や挑戦が許容される仮想都市の運営発展を通して子どもが成長する、
小学生対象のキャリア教育イベントを2会場で同時開催するための資金50万円をCAMPFIREで募集。
約30日間でパトロン様200名、125万円(250%)を超えるご支援が集まりました。

次世代のエジソンを育む一般社団法人Nancy(本社:岐阜県岐阜市、代表理事:住田涼)は、2019年5月21日よりクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて約30日間のクラウドファンディングを行い、プロジェクトを達成したことを報告いたします。


▼クラウドファンディングページ

https://camp-fire.jp/projects/view/154328


■日本の社会的背景

日本は諸外国と比べて、子どもが最も「将来への希望を持てない国」「うまくいくか分からないことに意欲的に取り組めない国」「社会現象は変えられないと感じている国」であるとする調査結果を内閣府が出しています。

出典:http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26gaiyou/tokushu.html


しかし同調査の中で、日本の子どもは諸外国の子どもと比べて「自国の役に立ちたい」気持ちは最も高いとする結果も出ています。


将来に希望は持てない。

失敗を恐れて挑戦はできない。

社会も変えられないと感じている。

それでも、自分たちが生まれ育った日本の役に立ちたい。


彼らはそんな想いを心に持っているのです。

彼らに必要なものとは一体、何なのか?


私たちは、「実際に自分たちの手で社会を変えてみた経験」ではないかと考えています。


彼らが「自分たちの手で社会は変えられる」ということを身をもって知ることができれば、

失敗の恐怖や不安をも乗り越えられるような成功の喜びや嬉しさ・挑戦の楽しさや充実感を得ることができるでしょう。

その結果、将来に夢や希望を持てるようになるでしょう。


しかし実社会では失敗するとバカにされたり、誰かの挑戦に対して冷ややかな風潮もあります。

だからこそ私たちは、子どもがつくる仮想の街“ぎふマーブルタウン”を立ち上げました。


マーブルタウンは子どもたちが挑戦も失敗も自由にできる街。


働いて給料(架空通貨:マーブル)を稼いで税金を払ったり、

税金の使い道を決める国王に立候補・演説してなったり、

投票で国王を選んだり。

自分で手作りした商品をお店を出して売ったり、起業することもできます。


ひとつひとつ改善を重ねながら子どもたちの成長を追究し続けた結果、

昨年度は経済産業省のキャリア教育アワードにも受賞しました(当時はまだ任意団体です)。


そして現在は立ち上げから3年が経ち、

多いときは1日で740名の小学生が集まるまでになりました。

前回はなんとそのうち555名もの小学生が仮想の街で起業しています。


子どもたちのクラス内での話題となっていたりと、

子ども間でクチコミで広がっていくうち需要がどんどん上がっていったようです。


ここ最近は需要が膨らみすぎて、7階建ての会場(キャパ)を超えるようになってきました。

子どもたちからは「行きたいけど会場が満員で行けない」という声も上がっています。


僕たちは家庭状況や経済状況によらず「参加したい」すべての子どもが参加できるように

これまでの開催をすべて無償で行ってきました。


だからこそ、すべての子どもが参加できない、

すなわち意欲はあるのに成長のキッカケを届けられない子どもがいる。


そんな状況がとても歯がゆく、ツラく感じていてました。


すべての子どもを受け入れるために、会場を2つに増やしたい。

しかし会場を倍にするということは、必要な備品やボランティアさんも倍になるということです

収益がゼロである僕たちが、その資金を用意するすべはありません。


そこで今回、クラウドファンディングを立ち上げました。


=============================

なお余談ですが、日本において子どもが最も「夢や目標がない」「もっとも失敗を恐れ挑戦できない」のは岐阜である、とする調査結果を岐阜市が出しています。

出典:http://www.city.gifu.lg.jp/secure/26824/1shiryo2803.pdf


これはつまり、岐阜の子どもたちが世界で最も将来に夢や目標を持ち、

その実現のためなら失敗を恐れず挑戦できるようになったら、

その仕組みが日本や世界にもたらすインパクトは絶大ということです。


私たちは、そんな挑戦をしている団体です。

=============================


■クラウドファンディング概要

経済産業省“第9回キャリア教育アワード”奨励賞を受賞した小学生対象のキャリア教育事業ぎふマーブルタウン。

1日小学生740名、ボランティア80名、保護者100名と、大勢の方々が参加するイベントになりました。

今後1人でも多くの子どもを受け入れるため、2会場での同時開催という新たなステージへ踏み出すためにクラウドファンディングを開始しました。


・5月21日クラウドファンディング開始

・6月1日プロジェクト達成

・6月10日セカンドゴール設定

 ①パトロン様100名

 ②来年度の3回も2会場で開催できるだけの資金として、

  プラス245,000円(手数料17%を引いて203,350円)となる745,000円

・6月16日セカンドゴール①②達成

・6月17日サードゴールを設定

 ①パトロン様200名到達

 ②活動の持続化に向けた投資資金(例えばマンスリーサポーター募集の広告など)として

  プラス245,000円を追加した990,000円到達

・6月18日サードゴール②達成

・6月19日サードゴール①達成

・6月20日プロジェクト終了日


■今後の展開

9月28日:第8回ぎふマーブルタウン2019秋の前日準備

9月29日:第8回ぎふマーブルタウン2019秋の開催

12月(予定。変更の可能性あり):支援者交流会@岐阜市

2020年2月23日:第9回ぎふマーブルタウン2020春の前日準備

2020年2月24日:第9回ぎふマーブルタウン2020春の開催


■会社概要

商号 :一般社団法人Nancy

代表者:住田涼

1994年大阪生まれ。愛知県私立滝高等学校卒。岐阜大学工学部在学中。

所在地:岐阜県岐阜市

設立 :2019年1月23日


※ぎふマーブルタウンは“任意団体ぎふマーブルタウン実行委員会”が2016年3月に開始し、2019年1月に(非営利型)一般社団法人Nancyへと法人化しました。


■本件に関するお問い合わせ先

企業名 :(非営利型)一般社団法人Nancy

担当者名:住田用

Email  :gifu.marbletown@gmail.com





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

ブックPRネット新着30件