ブックPRネット
 ブックPRネット

新潮社、世界的ベストセラー『ドーパミン中毒』邦訳版の発売即重版決定!

新潮社、世界的ベストセラー『ドーパミン中毒』邦訳版の発売即重版決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加




株式会社新潮社は、発売前から話題を呼んでいた世界的ベストセラー『ドーパミン中毒』(アンナ・レンブケ著/恩蔵絢子訳)の重版を、異例の早さで決定した。

BOOKPR

脳科学の面から「どうしたらやめられるか」を説く一冊
同書は、昨年「日本で1番売れた本」となり、今なお各ランキング上位に留まるアンデシュ・ハンセン著/久山葉子訳『スマホ脳』、今年7月に発売され、現在も売れている同『ストレス脳』を刊行した新潮新書の「今年最大の注目作」だ。

取り上げているのは、依存症。スマホが手放せなくなるなどの依存のカギは、「脳内麻薬」とも呼ばれる脳内化学物質ドーパミン。名門スタンフォード大学で医学部教授を務める著者は、依存症医学の世界的第一人者でありながら、自身も「恋愛小説中毒」に陥った経験があるという。

その経験を赤裸々に書きながら、脳科学の面から「どうしたらやめられるか」を説く一冊が、反響を呼んでいる。

■書籍データ
【タイトル】『ドーパミン中毒』
【発売日】10月15日
【造本】新書判
【本体定価】1100円(税別)
【URL】 https://www.shinchosha.co.jp/book/610969/

            (坂土直隆)

Amazon.co.jp : BOOKPR に関連する商品



  • KADOKAWA、仏教好きヤンキーと真面目な住職の対話で、仏の教えが学べる、「ヤンキーと住職」発売(2月4日)
  • トゥーヴァージンズ、戦後復興期と現代の<定点写真>で沖縄の歴史の変遷をたどる!『リメンバリング オキナワ 沖縄島定点探訪』発売(1月29日)
  • 新潮社、「正しさ」では解決できない現実との向き合い方を考えた、『正義の味方が苦手です』を刊行(1月23日)
  • 明日香出版社、『接客ガチトレ 集客力・客単価UPの仕組み、教えます』発売(1月15日)
  • 新潮社、小林秀雄賞作家が、認知症になった父親の介護体験を書いた『おやじはニーチェ 認知症の父と過ごした436日』を刊行(1月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    ブックPRネット新着30件